その紙袋、本当にいる?ため込み注意報

何かの時にちょっと便利な紙袋、ついついため込んでしまって場所を取っていないでしょうか。お使い物をするとき、外出先で急に荷物が増えた時に「持っててよかった」と思うので、紙袋を手にすると何も考えずに収納してしまう人、とても多いようです。



普段の生活パターンにもよりますが、実際に紙袋を使う機会を考えて、大きさ別に残しておくものをチョイスしましょう。大、中、小をそれぞれ2〜3枚選び、あとは処分してみてください。
「いつか使うかも」「ブランドの紙袋だから」ととっておいても、使う頃には紙が古びていたり、バージョンが変わっていたりして結局使い物にならないものです。


また、紙袋=取っておくものと無条件に置いてあっても「さすがにこれは使えないな」と思う柄や文言が入っているものも多いはずです。

T-SITEの情報が満載です。

自分で数に上限を決め、新しいものが手に入ったら古いものは捨ててしまう、と決めておけば増え続けることもありません。
持ち手の部分がいたんでいたり、濡れた跡があるものは問答無用で処分しましょう。



基本的には一回限り使うものですから、汚れたものを持っているのはかなりみすぼらしい印象を与えてしまいます。
どうしても必要になれば、100均で手軽に手に入る時代です。いつまでも使わないもののためにスペースを取られるのももったいないと考えていきましょう。

おうちの物置にだって家賃はかかっていると考えれば、本当に必要なものを収納したほうがお得です。