紙袋を日常生活に役立てていこう

普段それほど意識しないで使っている紙袋ですが、単に買いものしたものを入れて持ち帰るだけではなく、自宅でいろいろな形で生かすことができるものでもあります。

そういった視点で見直し、生かしていきましょう。

まず使い終わった紙袋はごみをまとめる際などに利用できます。


テーブルの上のごみをゴミ箱へ持っていく間に床に落としてしまうという事を経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

リビングなどにはゴミ箱を置きたくないものですが、かといってごみを捨てにくいのも困ってしまいます。



そのようなときにさっと使えるように、シンプルな紙袋を備えておくとよいでしょう。


燃えるごみはその紙袋に入れてゴミ箱に持っていけば落とすこともありません。
コンパクトに畳むことができるので、普段は目立たないところにそっとさしておくだけで良く、部屋の印象を変えることがありません。

今話題の@niftyニュースの情報が豊富です。

どうせごみとして捨てるものですから資源の有効利用にもなり一石二鳥です。内部が見えないのもポイントです。


透明なごみ袋でごみを出す場合、ゴミが丸見えになってしまうのは避けたいものです。

見せたくないゴミを目隠してできるという意味もあるのです。



また、軽いものなら収納に使うことができます。

お洒落なプリントのものを購入して、小物などを入れて並べておくだけでもそれなりに整って見えます。
汚れたらすぐに捨てられるのが便利です。

メイク用品など出しておくとごちゃごちゃ見えがちなものをまとめておくのに適しているでしょう。