交通事故交渉に強い弁護士の見分け方

###Site Name###

交通事故の交渉で弁護士をお願いしなくてはならない様な事態になった時には、どの様な基準で弁護士を選べばよいのでしょうか。


資格があれば、理論的にはどんな問題でも請け負う事が出来ますが、出来ればエキスパートにお願いしたいものです。弁護士には、ある程度専門分野というものがあります。

大型の事務所で、大企業の買収事案などが得意な事務所もあれば、駅前でこじんまりとしているけれど離婚問題に長けている事務所もあります。
県の弁護士会が発行している本などで、会員の得意分野を事務所情報や得意分野を確認したうえで、各事務所の案内をホームページなどで確認するのも良い方法です。

企業買収などが得意な場合は企業法務、商取引、離婚問題などであれば家事、交通事故の賠償は民事が得意という事になります。



もっとも分かりやすいのは、自動車損害の保険会社の顧問をしているケースです。

NAVERまとめについて詳しく知りたいならこちらです。

この場合は、保険会社の依頼をうけて交通事故の示談を頻繁にしている先生になりますから、実績豊富で慣れているという事になります。企業に頼まれるケースは、加害者としての立場で賠償金の交渉や裁判をする事が多いですが、被害者としての立場で交渉をお願いする場合も心強いことでしょう。

なお、近年では任意の自動車保険に低価格で弁護士特約を付ける事が可能になっています。

この特約は主に被害事故にあった場合に使いやすく出来ています。

交通事故の相談使いやすさが好評です。

この特約をつけておくと、自分で事務所を選定しなくて済んだり、直接交渉費用を負担することなく保険でカバーできて安心です。

なお特約の細部は保険会社によって違いがありますから、加入時によく確認しておきましょう。